2009年02月02日

栄養素が不足する妊娠中のサプリメントには何が必要

サプリメントは様々な局面に役立ちますが、妊娠中にいいものはあるのでしょうか。

胎児にビタミンAが足りないと、眼球や泌尿器系に変調を来すことがありますので、ビタミンAサプリメントは大事です。

その他、妊娠中はビタミンB1、B12がおすすめです。植物性のβカロチンは問題ありませんが、動物性のレチノールという形で過剰に摂取すると、かえって奇形の発生率が増えるそうなので、ビタミンAサプリメントを利用するときは注意しましょう。

この他、ビタミンB1も食事やサプリメントで取り入れたいものです。母体のビタミンB1が不足すると糖代謝障害による痩せやWernicke脳症を発症する場合があるようです。嘔吐が激しくて食事があまり出来ない時は、積極的にビタミンB1を摂取しましょう。

胎盤早期剥離や妊娠中毒症、貧血などにならないよう、妊娠中にはビタミンB12を取り入れることも重要です。B12サプリメントは、妊娠中に貧血が酷いという人に摂って欲しいサプリメントです。血液の主成分である赤血球は様々な栄養素が活躍する事でつくられています。血中に十分な赤血球を確保するためには、ビタミンB12が重要な役割を果たしているのです。

また、ビタミンB12は神経系の作用やタンパク質合成に果たす役割も重要です。サプリメントを活用することで、妊娠中の食事メニューをフォローし必要な栄養を十分に摂りましょう。


































コープ 個配 |
バレンタインチョコ 通販 |
育毛剤 販売 |
パチンコ 攻略法 |
DSTT 激安 |

posted by サプリ情報 at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

ミネラルサプリメントと海洋深層水 どう違うかな

ミネラルを含むサプリメントといっても、商品内容や効果は色々あります。

カルシウムは、骨格を強くし歯を丈夫にするだけでなく、筋肉の収縮能力を強める働きがあります。そのため、骨粗しょう症や動脈硬化の予防にカルシウムサプリメントが用いられます。

マグネシウム不足は血圧の上昇や心臓の疾患を引き起こす危険性があるので、マグネシウム欠乏には要注意です。

銅が足りないと毛髪異常成長障害の危険がありますし、鉄分の不足は貧血を警戒しなければなりません。

代謝能力を活性化させる効果があるのは亜鉛です。この他、亜鉛はホルモンや精神の釣り合いを取る作用も期待されています。

全ての微量ミネラルをバランスよく食事だけで摂取するのはかなり大変です。補助的な目的でサプリメントを使ってください。

これらの主なミネラル成分以外にもミネラルサプリメントはありますので、体質や用途によって使い分けることができます。

注目のミネラル補給源として、海洋深層水があります。ミネラルウォーターのように扱われることが多い海洋深層水ですが、この水は豊富なミネラル量に特色があります。ミネラルウォーターよりも数百倍から数千倍もミネラルがふくまれているので、特に摂取されにくいマグネシウムの場合、1日の必要量をコップ2杯程度で補えてしまうようです。

海洋深層水の利点は品質が安定しているところです。海の深い場所から採取された水なので環境汚染もなく、材料となる水質も常に一定なものです。欠乏気味なミネラルの補充には、海洋深層水とミネラルサプリメントの両方が役に立ちます。
posted by サプリ情報 at 15:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。